Linuxあれこれ

-- 最新 5 日分 --

Last-modified: Sun, 26 Aug 2001 18:56:54 JST

[static,jconv:NKF,cache:on]
powered by tds-1.01-pl0

Prev 2001/9 Next
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[最新版] << == >> [上旬] [中旬] [下旬] [一覧] [URL リスト] [辞書]
[日記観察] [TDS] [back]

[ Schedule ] [ TODO ]
  • 99:日記を書く


2001/8/26(Sun)

Vine2.1に挑戦

無事にVine1.1が稼働状態になったので懸案の「Vine2.0を・・・」と思ったら、Vine2.1がリリースされちゃいました。 ちうわけで、もうちょいVine1,1での設定を残しておこう。

_ lsをカラフルに

Vine Linuxに限らずUNIXでは必須のコマンドが lsです。MS-DOSでいうところのdirですな。 この「ls」コマンドですが結果を出力する際に、色つきにすることが可能なんですが、Vineではこの設定がなされていません。 使いかってを良くする為にも、ここはちょっと手を入れてみます。

その前にログインシェルを確認しておきます。というのも、シェルが異なると設定すべきファイルも変わってきます。Vine Linux1.1では次のシェルが利用可能になっています。

自分がログインしているシェルの確認は「 chsh」コマンドで確認できます。私の場合だと以下の通り

$ chsh
Chageing shell for [usr name].
New shell [/bin/bash]: ←[]の中が現在のログインシェル。この場合はbash

Linuxのハ場合、大抵はbashが標準的に用いられますが、ディストリビュータの方針で変わりますので(例 Plamo Linuxではrootはbashだが一般ユーザーにはtcshになる)、必ず確認します。

次に自分の へ戻り、「 」を編集します。





alias rm='rm -i'
alias cp='cp -i'
alias mv='mv -i'
alias ls='/bin/ls -F --color=auto' ←この行を追加

if [ -f /etc/bashrc ]; then . /etc/bashrc fi

これで、 lsを実行すると、ファイルやディレクトリがカラーで表示さるるようになります。


2001/5/29(Tue)

ADSLで良かった\(^O^)/

無事、カードサービスが動きだしたので、手持ちのカードをいろいろと放り込んでみました。無事にCD-ROMドライブが認識されるといいな。

_ PCカードの認識

さて、無事にカードサービスが動いたといっても、実際にPCカードが使えなくては意味がない。そこでまずは、以下のカードで動作を確認してみる事にする。

結果は以下のとおり。

しかし、Panasonic KXL-808AN-Sが認識できないのは、痛いなぁ。この後、Vine 2.1.5へアップデートの予定なので、CD-ROMドライブが使えるのと、使えないのとでは大きく差がついてしまうのだ。

_ FTP

考えて込んでいても仕方がないので、善後策を講じる事にする。まずはX Window上でgftpでgetを試みる。んが、ディレクトリごとのダウンロードに対応していないのか、getの対象にディレクトリを指定すると、その下に有るファイルはgetされない。 これでは手間が掛ってしかたがないので、別の方法を講じる事にする。

手持ちの環境で出来る事を考えてみると

  1. このまま、シコシコとFTPでダウンロードする
  2. Slackwere ServerをFTP Serverにする
  3. Slackwere ServerをNFS Serverに仕立てる
  4. NT-100をsanba Serverに仕立て、WindowsからFTPでダウンロードする

第三案はNFSは未経験の領域なので、真っ先にパス。 第二案は、FTPインストール可能な事を考えると、魅力有るが第三案同様に未経験ゾーンなので、手間と時間がかかるのでペンディング。 第四案なら、なんとか成功率が高そうなので、これで行くことにする。

_ SAMBA la Bomba!!

宅内serverのプラットホーム候補で、一度ならずVineは取り上げたものの、当時に入手可能な参考書では、Slackwereをプラットホームに説明がしてあり、慣れないファイル配置(初心者・初級者というのは、まず記述された事を忠実に真似ることから、始まるのだ)であったこともあって、Vineでの運用は経験なし。 もっとも、最近では雑誌の特集ではVineやRedHatが教材なので、以前に比べると情報は入手し易くなっている.

最低限の設定を /etc/smb.confに書き来んでsambaを起動させる。 woukgroupeには、無事「hornet」が表示されたので、共有ディレクトリのパーミッションを変更し、ファイルの書込みを行うがなんと、書込みが拒否される。 /etc/smb.confを何度も編集しなおしてnmbdやsmbdの再起動を繰り返すうちに気がついたのだが、smbdが2プロセス起動されている。

「ひょっとして?」と思い、sambaもアンインストール/インストールしてみたところ、あれだけ苦労したのに、あっさりと書込みに成功。 やれやれ、これでようやく2.1.5のインストールファイルをダウンロードできるは。


2001/5/28(Mon)

険しき道のり

インストールはすんなり終わった・・・ ここからが、難関なんである。と言うのも、以前にインストールした時もそうなのだが、カードサービスが素直に起動しないのよね。 (^^; 「dmesg」で確認してもカードサービスが起動されていないのが判る。

_ pcmcia-csの再インストール

RPMを使ったディストリビューションでは、パッケージの管理を行わせる為に基本的に、バイナリパッケージを使用する事になる。 以前にもこの操作を行った事があるのだが、どうやってもパッケージが見つからない。 仕方が無いので、再インストール覚悟でソースからコンパイルしてみた。

ここで、なんとかカードサービスは起動できるものの、単純なモデムカードすら動作しないではないか。 そこで、再インストールの間に、ニフのログを朧な記憶を頼りに検索したら・・・ 有ったよあった、有りました。pcmcia-csはカーネルのmodule群と密接な関係が有る。 そのため、RPMではカーネルに合せるため、パッケージファイルの名前がコンパイル時に使ったカーネルバージョンで管理されていたんだな。 という事で早速、pcmcia-csを入れ換える。

ディレクトリを対象パッケージファイルの有る、ディレクトリへ移り。

$ rpm -e kernel-pcmcia-cs-2.0.36-3vl3  ↓[Enter]
$ rom -i kernel-pcmcia-cs-2.0.36-3vl3.i386,rpm  [Enter]

ついで、pcmcia-csの起動オプションを設定する。今回はチャンドラを用いているので、予めBIOSにてカードソケットへのI/Oアドレスを「3E0」へ変更しておいた。

/etc/sysconfig/pcmciaの設定

PCMCIA=yes
PCIC_opts="i365_base=0x3e0 extra_sckets=1 irq_list=3,4,15"
CORE_OPTS="unreset_deray=300"

以上を設定し終わったところで、PCを再起動する。 dmesgで以下のメッセージが確認できたら、pcmcia-csの組み込み・起動は成功です。

Linux PCMCIA Card Services 3.0.9
  kernel build: 2.0.36 unknoun
  options:  [pci][cardbus][apm]
Intel PCIC probe:
  TI 1130 PCI-to-cardBus at bus 0 sloy 1,nen 0x68000000, 2 sockets
    host opts [0]: [clkru frq 10][isa irq][no pci irq][lat 32/32][bus1/1]
    host opts [0]: [clkru frq 10][isa irq][no pci irq][lat 32/32][bus2/2]
    ISA irqs (svanned) =15 polling intervel = 1000ms
  Ricoh RF5C296/396 ISA-to-PCMCIA at port 0x3e2 ofs 0x00,1 socket
    ISA irqs (svanned) =3,4,15 polling intervel = 1000ms

_ おまけ(APMの設定)

インストール直後は、APMが起動されないので、/etc/lilo.confに以下の設定をしておく。 これをしないと、電源が自動で落ちません。

/etc/lilo.confの設定
boot=/dev/hda
map=/boot/map
install=/boot.b
prompt
timeout=50				←起動時の待ち時間
append = "apm=on"			←apmdを有効に
image=/boot/vmlinuz-2.0.36-3vl3
	label=linux
	root=/dev/hda7
	read-only
other=/dev/hda1
	lavel=dos			←Windowsパーティション
	table=/dev/hda


2001/5/27(Sun)

久方の更新

さぼっていた訳では無いですが、なかなか時間がとれず放ったらかしになっていました。Vine Linuxの2.1.5がリリースされ、FTP版を入手できたのでこれのインストール顛末記です。

_ Vine2.0CRでの苦闘

手すきのノートパソコン、EPSON Direct Endeavor NT-100へのインストールに失敗している。もっともその時はVFATパーティションからインストールしようとしたのが、敗因であるのは確認済なのだ。(爆)

今回は、既に実績のあるVine1.1をインストールした後に、ext2パーティションからのインストールを行ってみる。

_ Vine1.1をインストール

さて、早速インストールを行おうとメディアを探したら・・・無い! 周りに転がっているのは、2.1や1.0βとか2.1.5のメディアしか無いのである。 仕方が無いのでFTPでダウンロード。以前のISDNな環境ではとてもダウンロードしようとは思わないが、640KbpsのADSL環境だからなせる行為だな。(笑) 必要なコアファイルは以下の通り。

+i386--+--/dosutils (bootフロッピー作成ツール)
       +--/images   (bootフロッピーイメージ)
       +--/Vine--+--/base
		 +--/instimage
		 +--/RPMS


ダウンロードが終了したら、まずはbootフロッピーの作成を実行。 Windowsの「MS-DOSプロンプト」を起動し、"images"ディレクトリへ移動する。 今回はWindowsパーティションの「Vine」ディレクトリに全てを置いた例です。

C:\WINDOWS>cd ..\vine\images
C:\VINE\IMAGES>mkboot.bat ↓ [Enter]

Please insert a formatted diskette into drive A: and press -ENTER- :

C:\VINE\IMAGES>mkboot.bat ↓ [Enter]

Please insert a formatted diskette into drive A: and press -ENTER- :


これで、起動フロッピーと追加フロッピーが作成できます。 次に、ディレクトリ名を変更しておきます。これはWindows9*が 大文字・小文字を区別しないので、インストールソースをきちんと識別させる(UNIX互換システムでは、大文字・小文字を区別します)ためです。

C:>rename Vine vine
C:>rename vine Vine
C:>cd Vine
C:\Vine>rename RPMS rpms
C:\Vine>rename rpms Rpms


ここまでで、Installの準備ができました。ブートフロッピーから起動し、画面の問いに答えていけばインストールは特に滞り無く終わります。


2000/3/19(Sun)

NIFTY ServeのLinuxフォーラムのログを頼りに、PCMCIAに挑む。rpmコマンドで確認するとpsmcia-csは確かにインストールされているのだが、/etc/sysconfig/pcmciaをいくら編集してもカードサービスが立ち上がってこない。そうこうしていたら、FLINUXで次のような趣旨の書き込みを見つけた。

「pcmcia-csがインストールされていないのならば、RPMでインストールした方が早い。」

これを見て「ピン!」ときた。Vineはパッケージ管理にRPMを用いているから、バイナリのインストール/アンインストールは比較的簡単なはず。ならば、インストールされていても動かないpcmcia-csを一旦、アンインストールし再度インストールすれば、よいのではないか?」
早速試してみると、なんと!あれだけ悪戦苦闘していたのが嘘のように、カードサービスが起動したのである。 もとも個々のカードについても、それなりに設定は必要なようで国産のカードはpcmcia-csデーモンが吐き出すメッセージを確認しながら、/etc/pcmcia以下のファイルにエントリを追加する必要があるが、ブレイクスルーできればあっと言う間に認識させる事ができましたとさ。


以上、5日分です。 (直前の日記

[最新版] [一覧] << == >>

このページはTomsoft Diary System 1.01-pl0を用いて生成されています。
[TDS]
Copyright(C) 2001
飛魔人 <keisan@ceres.dti.ne.jp>

back